トップ > 3 アンティーク家具の魅力 > アンティーク家具の魅力とは・・

アンティーク家具の魅力とは・・

ヨーロッパにおける”家具”は、昔から、
単なる生活用具としてだけではなく、
わたしたち日本人の想像の及ばない程の
強い愛着を持って扱われてきました。

現在でも20世紀より以前に丁寧に作られた家具が、
手入れをされながら50年、100年と大切に使われ続けています。

長い年月を経て大切に扱われてきた
それらの家具は、人工的には決して再現できない
風合いを持ち、前の所有者の思い出や生活習慣など、
永久によみがえる事のない”過去”を垣間見せてくれます。

たった一人のオーナーだけに長い間所有され、
全く手を加えられずに、市場に現れる
”本物のアンティーク家具”は今や
皆無といっていいぐらい見かけることはありません。

例え運良く欧米の専門店などで
見つけることが出来たとしても、
簡単に手を出せないぐらい大変高価でしょう。


最近日本では、中古家具を手直しし
アンティークとして売られていますが、
こういった家具は本場イギリスでは
”中古家具、復古家具”と呼ばれ、
アンティークとしては扱いません。


またヨーロッパのアンティーク家具以外にも、
明朝~清朝、中華民国時代に作られた
”中国アンティーク家具”なども人気を集めています。

原型を留め高級な素材を使用して作られた
本当の意味でのアンティーク家具というものは
非常に少なく、現在は中国国内からの輸出が
法律で禁止されているため、一般に言う
”中国アンティーク家具”とは、保管状態の良い物を、
熟練の家具職人が修繕したものを指します。


また、2~300年前の旧家を解体し、
丈夫な梁や柱を材料に復元された家具は
”古木復元(リメイク家具)”と呼ばれています。


これら、様々なアンティーク家具の価値を
見分けるには、知識と経験が非常に重要です。


丁寧な仕入れをし、広い知識を持つ
ショップのオーナーからは、質問すれば
その家具に関する詳しい説明を聞く事ができるでしょう。


住まいに重厚な印象を与えるだけでなく、
その家具の歴史、家具に今まで携わってきた
人々の歴史を感じさせ、ノスタルジックな時間を
提供してくれるアンティーク家具を、
まずは眺めるところから始めてはいかがでしょうか。


知識を増やす事が喜びの一つとなり、
それが自分自身の経験となります。



そんな奥深い家具が自分の住まいにあれば
とてもステキですね。

☆ 富山県インテリア関係のお店や雑貨店の紹介

インテリアは、コーディネートが大事で、ネットの通販や、インテリアショップ
通販、雑貨店などで購入するのが一般的です。

アジアン、北欧、モダン、ハワイアンのインテリアも注目ですね。

インテリアは和室、トイレ、キッチン、ワンルーム等いろんな
場所で必要になりますね。

ここでは、インテリアデザインなどに関係したお店を紹介しています


いそべ家具店
TEL : 0766-21-5656
住所 : 〒 933-0941 
富山県高岡市内免3丁目9-57


(株)米三/本店
TEL : 076-424-3231
住所 : 〒 930-0044 
富山県富山市中央通り1丁目5-10


USファニチャー
TEL : 076-492-0805
住所 : 〒 939-8213 
富山県富山市黒瀬611-1


(有)インテリア家具マルミツ
TEL : 076-462-2288
住所 : 〒 930-0261 
富山県中新川郡立山町大石原210



(有)TOMO社
TEL : 0120-843366
住所 : 〒 934-0056 
富山県射水市寺塚原111

吉村唐木店
TEL : 076-421-5113
住所 : 〒 930-0069 
富山県富山市旅籠町3-14


IGAインターナショナル・ギャラリー・アンティークス
TEL : 076-413-2030
住所 : 〒 930-0825 
富山県富山市上飯野新町3丁目128


アクタス富山店
TEL : 076-466-2000
住所 : 〒 939-2705 
富山県富山市婦中町宮ケ島312-1


EASE・ANTIQUES
TEL : 076-492-9818
住所 : 〒 939-8004 
富山県富山市西公文名5-1


この記事のカテゴリーは「3 アンティーク家具の魅力」です。
アンティーク家具の歴史や使い方をまとめています
関連記事

アンティーク家具の魅力とは・・

ヨーロッパにおける”家具”は、昔から、 単なる生活用具としてだけではなく、 わた...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「5 大塚・ニトリの家具」です。2008年11月20日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「5 大塚・ニトリの家具」です。2008年11月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「4 北欧家具の魅力」です。2008年11月18日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 アジアン雑貨やアジアン家具など」です。2008年11月17日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索
インテリア関連リンク集
インテリア関連商品